女性

オフィス配線業者の仕事|効率よく仕事できる環境づくり

電話契約の知識

電話

電話契約、種類も様々です

電話とは一昔前までは、ごく一般的に家庭にある電話の事でしたが、最近は固定電話、IP電話、ひかり電話等、様々な電話の呼び名が存在するようになりました。固定電話にはメタル線を使ったアナログ回線、1、0のデジタル通信を使用したISDN回線、最近は光ファイバーを使った光回線などがあり、主に通信に使用される媒体の種類が違います。固定電話の特徴は基本的に1回線にそれぞれ1つ固有の電話番号を持つようになっており、主な使用目的は電話やファックス送受信などです。最近良く耳にするIP電話も通話やファックス送受信可能ですが、主な私用目的はインターネットであり、付加的なサービスとなっています。また、電話やファックス送受信についての通信上の品質保証はほとんどありません。

用途に応じて契約する

電話を契約する場合、考慮したいのが用途です。ご自宅での使用などでしたら、固定電話とインターネットを併用されるケースがほとんどでしょうから、インターネット使用を主とした光回線などを使ったIP電話契約などがやはり人気がり、現在の主流になっています。昔ながらのアナログ回線から光回線への変更も可能で、基本的に電話番号もそのままで使用可能です。業務でファックス送受信が多い場合、インターネット契約のオプションであるIP電話はおすすめできません。その点固定電話であれば、通信品質が保障されており、特定先に送信できない、受信エラーがおこる等、送受信に関するトラブルがほとんどありません。もし、固定電話の使用方法や契約内容に関して、よくわからない点があるのであれば、相談センターや契約会社に連絡してみると良いでしょう。