女性

オフィス配線業者の仕事|効率よく仕事できる環境づくり

アナログよりデジタル

電話する男性

アナログとデジタルの違い

携帯電話があるからと固定電話を設置しない家庭も増えてきましたが、災害時の繋がりやすさや設置しているだけである程度社会的信用が得られる事など、まだまだ固定電話が活躍する場面は多いです。ただ、固定電話で気になるのが料金ですが、回線の違いを意識すると安価に使用できる事も多いです。回線にはアナログとデジタルがあり、アナログはポピュラーな契約で、昔から使っている家庭はこの契約になっていることが多いです。ただ、アナログ回線は携帯電話への通話が割高と言う問題があります。固定電話から携帯電話にかける事も多いと思いますので、これは大きな問題です。一方、デジタル回線は光電話の事で、こちらは契約で色々と工夫をすることが可能です。そのため、最近はデジタル回線が主流になってきています。

デジタルでも更にお得に

固定電話をデジタル回線(光電話)で使う場合、ポピュラーな方法がインターネットの光回線とセットで契約するやり方です。これでもアナログ回線よりお得なのですが、光電話だけの契約は基本出来ないので、インターネットを使わない家庭だとインターネット回線が余分な契約になってしまいます。そこで、オススメなのがスマートホンとセットで契約する方法です。スマホのキャリアと光回線を合わせる必要はあるのですが、スマホ一台当たりの割引率が非常に高く、家族皆が同じキャリアのスマホを使っている場合は光回線が実質無料になってしまう事も有り得ます。光回線とスマホのキャリアが合ってない家庭は、これを気に見直しを行うのも良い方法です。固定電話を設定しているけど毎月の料金に悩んでいる人にはスマホとのセット契約オススメです。